主な対応エリア

Fotolia_16746374_Subscription_Monthly_XXL-960x640

主に千葉、東京、埼玉、茨城で活動しております。

昼夜問わずお仕事を頂いている状況です。

施工事例

内装工

内装工は、クロスの貼り付けや軽量鉄骨(LGS)の施工、床や天井、塗装などの内装全般を担当します。和室の障子の紙を貼ったり、窓にブラインドを取り付けたりすることも、内装工の仕事です。材料はメーカーによって違うことが多い上、内装工の中でそれぞれの専門領域が分かれています。たとえば、軽量鉄骨などから二重天井の下地や、壁に使用する下地をつくる「鋼製下地組立工」、木製や鋼製の下地に石膏ボードや合版などを貼る「ボード張り工」、壁紙を天井や壁などの下地に貼る「壁装工」、床に基準線を引き、床のシート張りやカーペットなどを敷く「床仕上工」などがあります。

LGS

LGSとは、軽量形鋼(Light Guage Steel)の略で、それぞれの頭文字をとって【LGS】と呼んでいます。
軽鉄工事とは、LGS(亜鉛メッキ鋼板で出来た材料)を使用し、天井や壁を造作する工事のことです。昭和50年頃より以前は、天井・壁の造作は材木で大工さんが施工していましたが、
・防火の検査に通りやすい事
・工事のスピードが大工仕事に比較して速い事
・単価が安い事
で、現在ではほとんどの木工事から軽天工事に変わってきています。